医療法人 蒼龍会

pageimg
井上病院透析棟の特徴・医療体制
 

腎臓病一貫治療病院として

井上病院は「腎臓病一貫治療病院」をめざし、腎臓病治療、腎不全合併症の予防と治療、
入院設備の充実、緊急時の迅速対応に取り組んでいます。
医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士、ケースワーカーなどの医療チームは常に研鑽し、患者さんお一人おひとりの病状に合った適切な医療が提供できるよう努めていきます。

 

腎臓病治療に関する施設認定・専門医

井上病院は、腎臓病の専門病院として、腎臓病関連学会の専門医、指導医が在籍し
診断・治療にあたっています。
また、学会の認定教育・研修施設として、専門医、指導医の指導のもと
腎臓病専門医をめざす若手医師の教育・研修を行っております。

・日本透析医学会認定研修施設 ・日本透析医学会 [専門医・指導医]
・日本腎臓学会認定研修施設 ・日本腎臓学会[専門医・指導医]
・日本泌尿器科学会専門医教育施設 ・日本泌尿器科学会[専門医・指導医
・日本糖尿病学会認定教育施設 ・日本糖尿病学会[専門医・指導医]
 

定期検査・臨時検査

月2回の血液検査のほか、胸部レントゲン、CT
腹部・心臓エコー、心電図などの検査を定期的に行います。
また、臨時検査として
シャントエコー、シャントDSA、副甲状腺エコー、MRI
胃カメラ検査、ホルター心電図など
病状に合わせて医師の指示のもとに行います。
また、定期血液検査の結果報告書をお渡しいたします。

 

合併症のトータルサポート

井上病院では、内科、外科、整形外科、眼科、泌尿器科、心臓血管外科の
一般診療に加え、腎不全合併症の治療や予防に重点を置いた
各種の専門外来があります。
外来医師担当表

また、透析アミロイド症に対する
βミクログロブリン吸着透析を行っています(医師の指示のある方)

 

緊急時の診療体制と他施設連携

夜間、休日の体調・病状の変化には、内科当直医師が対応いたします。
なお、症状・病状によりましては、適切な救急病院をご紹介いたします。
地域の基幹病院や、高度医療を行うナショナルセンター
大学病院とも医療連携を行い
病状に応じて適切な医療機関にご紹介いたします。

 

血液透析

井上病院は、215床の透析ベッドを有しており、午前・午後・夜間など患者さんの生活スタイルに合わせた透析が可能です。
また、在宅血液透析に対するサポートも積極的に行っております。
血液透析

 

CAPD(腹膜透析)

井上病院CAPDセンターでは専門医と専任スタッフが、治療法の選択から療養生活のサポートまで行っています。
CAPD(腹膜透析)

 

腎移植外来

大阪大学医学部の腎移植グループと連携し、腎臓移植(献腎移植登録・生体腎移植)のご相談、腎臓移植後のフォローアップ外来を行っています。
腎移植外来

 

入院診療

病院4階~6階が入院病棟となっており、病床数は127床です。
1日も早い退院を願い、分かりやすい説明
納得していただける療養・看護サービスを心がけています。
お一人おひとりの病状はもちろん、社会背景にも十分配慮し
医療保険、介護保険、福祉資源の活用や、退院後の生活なども
ご相談しながら、退院に向けてサポートいたします。

 

医療安全・感染対策

開設以来「医療事故の撲滅」「安全・安楽・安心透析」を目標に掲げ、
事故対策委員会が中心となり
透析に関連した事故の集計・分析・防止対策に取り組んでいます。
事故は「空気事故」「凝血事故」「失血事故」「誤薬事故」
「除水誤差事故」「転落・転倒事故」「針刺し事故」などに分類し
各々に報告書の提出基準を取り決めて
洩れなく報告するようにしています。

 

病院や関連施設との連携による支援

院内での移動は、病院スタッフがお手伝いいたします。
長期の入院が必要な方には、井上病院または適切は
療養型透析病院をご紹介いたします。
「介護老人保健施設ひまわり」での入所
ショートステイ、デイケア(回復期リハビリ)を
ご利用いただけます。(介護保険の要介護認定が必要)
→老健ひまわり

老健ひまわり入所中の透析は、隣接する「井上診療所(みかん)」で行います。
→みかん(井上診療所)

MSN(医療相談員)が、医療、介護のご相談を承ります。
介護保険を利用した在宅サービスのご相談を承ります
→在宅サービス

管理栄養士による個別栄養相談を実施しています

 

その他のサポート体制

「院長へのホットメール」箱の設置、退院時アンケートを実施しています。