医療法人 蒼龍会

pageimg
透析合併症
 

 シャント手術

当院ではさまざまなシャントトラブルに迅速に対応しており
自己血管内シャントの作製だけでなく、人工血管シャントの作製も数多く手がけています。
院外からの手術依頼も多く、緊急手術にも対応しております。
また緊急性のないシャントトラブルに関してはシャント外来での診察も行っております。

 

VAIVT(シャントPTA)

当院ではシャント狭窄に伴うシャントトラブルに対し、
閉塞する前にVAIVT(シャントPTA)を行っています。
またシャントの血栓閉塞に対してもほぼ全例をカテーテル治療にて対応しています。
シャントに使うことができる血管は限られており、
当院では透析室でのシャント音・触診・静脈圧によるモニタリングを毎回の透析で
行っています。異常があればシャントエコーで狭窄の評価・シャント血流量の測定を行い
閉塞する前にシャントPTAを行っています

 

重症下肢虚血に対する下肢EVT(下肢カテーテル治療)と下肢バイパス手術

透析患者さんは下肢動脈病変の有病率は極めて高く、
治療が遅れると下肢切断となることも少なくありません。
下肢大切断に至ると、ADLは大きく低下し日常生活の介助も必要になります。
また重症下肢虚血は下肢切断となるだけでなく、生命に関わることも多い疾患です。
当院では透析患者さんの重症下肢虚血に対する治療を積極的に行っています。
重症下肢虚血の治療には下肢EVTと下肢バイパス治療がありますが、
これらはお互いが相補的な治療として適切な時期に適切な治療を選択することが
下肢切断を最小限に食い止める唯一の方法です。
当院では専門の血管外科医が下肢EVT治療と下肢バイパス治療の両方を行なうことで
適切な治療選択が可能となっています

 

PTx(副甲状腺摘出術)

透析患者さんの二次性副甲状腺機能亢進症は線維性骨炎などの骨症状の合併の他に
異所性石灰化による心血管系合併症の危険因子として注目されています
シナカルセトなどの内科的治療に抵抗する場合はPTxの適応となります
当院ではこれまでも数多くのPTxを手がけており、
術中の副甲状腺ホルモンの迅速測定を行うことで確実な副甲状腺の摘出を行っています。
また摘出腺の一部を前腕へ移植することで、術後の
低カルシウム血症を予防できる術式を基本術式としています。

 

腹腔鏡による透析腎癌摘出術

透析患者さんは腎癌の罹患率は非常に高いことが知られています。
当院では腹部超音波検査や腹部CT検査によるスクリーニング検査を行い
腫瘍が疑われた症例には積極的に造影エコーを行うことで
透析腎癌の早期発見に努めています。
透析腎癌は造影効果の乏しい腫瘍も多く、診断が容易ではありませんが、
当院で摘出された透析腎癌は平均2.2cmとその多くが早期発見・早期治療されています。
また腹腔鏡を用いた低侵襲手術を第一選択としています。

 

透析整形外科

透析患者さんは透析歴が長くなるとともに
骨関節症の合併症が見られることが知られています。
当院では整形外科専門医が透析患者さんの骨関節症に対して
整形外科外来で診断・治療しています。
必要に応じて透析骨関節症の手術も年間130件程度行っています。
また透析患者さんは副甲状腺機能亢進症に伴い、
骨の中のカルシウムが減少し骨折しやすくなります。
透析患者さんが転倒した場合には整形外科専門医が迅速に診断・治療を行っています。
骨折が見られた場合には、緊急手術も行っています。