医療法人 蒼龍会

pageimg
薬剤科
 

薬剤科

井上病院の薬剤科には薬剤師10名と助手1名が勤務しています。
院内の薬剤に関わるさまざまな業務だけでなく、感染防止対策委員会・NST委員会・褥瘡委員会・糖尿病委員会・治験審査委員会・クリニカルパス委員会などの院内の多くの委員会にも関わっています。

また井上病院本院以外の透析部門2施設、老健部門2施設との連携や、附属診療所での腎移植外来の薬剤業務も行っています。


 
薬剤業務の紹介
 

入院業務

病棟に薬剤師が常駐、2名ペアのローテーション制で月ごとに交代しています。当院では平成7年より病棟薬剤業務を行っており、医師・看護師と連携し、すべての入院患者さんの持参薬預かりから入院中の処方支援、退院時の服薬指導まで、薬物治療に深くかかわっています。

入院中の検査データの確認、処方オーダの受付前監査、注射剤の監査を行うことで、タイムリーに患者情報を把握し、服薬指導を行っています。

 

調剤業務(内服薬・外用薬)

電子カルテに入力された処方オーダを、病棟薬剤師が事前監査した後、調剤支援システムに取り込み調剤を行っています。定期処方は、患者さんに合わせて一包化や配薬カートセットを行っています。

 

注射薬業務

電子カルテに入力された注射オーダを、調剤支援システムに取り込み、用法・用量、投与時間・ルートなどの確認、腎機能に応じた投与量などを チェックしながら入院患者さんごとに注射薬調剤を行っています。

 

混注業務

入院患者さんの栄養点滴は、投与カロリー・電解質バランスなどを確認し、クリーンベンチで当日調製を行っています。


 

薬品管理業務

薬品の発注・検収、在庫管理・品質管理(使用期限等)・特定生物由来製剤(血液製剤)の管理を行っています。


 

外来業務

お薬手帳の運用を始め、入院・外来・調剤薬局との連携、安全な服薬管理をめざしています。
生物製剤・JAK阻害剤(経口剤)については、投薬歴をファイル管理し薬剤適正使用につなげています。


 
医薬品情報管理室

医薬品安全性情報や、副作用情報の提供など薬に関する情報を収集・整理し、院内イントラネットにて情報提供を行っています。電子カルテ・薬剤システムに関するマスタのメンテナンス作業も行っています。


 
チーム医療への参加

腎臓病・糖尿病・栄養サポートチーム・感染対策などの各担当薬剤師を中心として、病棟担当薬剤師と連携し、より質の高い医療をめざしています。


 
教育・研修への取り組み

糖尿病療養指導士・栄養サポートチーム専門療養士・感染制御認定薬剤師・腎臓病認定薬剤師などの認定をめざし、学会発表も積極的に行っています。

2015年度より薬学部学生の実務実習の受け入れを始め、薬剤師育成の支援も行っています。
院内では、「業務改善」の取り組み、グループ内では、「合同薬剤師研修会」など、医療技術者としても人間としても成長できる職場環境を提供いたします。