特定医療法人 蒼龍会 井上病院,大阪府吹田市江坂にある特定医療法人蒼龍会 井上病院は、腎臓病と透析治療の専門病院です。腎炎の治療から、透析治療、社会復帰、介護の問題など、一人ひとりの病状や生活に応じた「患者さま本位の医療」を目指しています。

pageimg
腎臓内科
 

腎臓内科

 
概要

1975年に開院した医療法人蒼龍会 井上病院は、開院当初から腎臓病・透析専門病院として、一人ひとりの患者さんの治療に責任を持つ腎・透析一貫治療の提供に努めてまいりました。

透析だけでなく、腎臓病につながる内科疾患、検尿異常、保存期腎不全などを対象に、薬物治療・栄養指導・生活指導を柱とした腎疾患専門外来を行っています。

腎疾患にはゆっくりと進行する病気と、急激に悪くなる病気があります。いずれも早期に専門的な介入をすることで、その後の腎疾患の進行を遅らせることができます。
蛋白尿・血尿・浮腫などで腎疾患が疑われる場合や、腎臓病と診断された場合は、お気軽にご相談ください。

 
対象疾患

・腎不全救急(保存期腎不全・透析中)
・糸球体性蛋白尿(腎硬化症、糖尿病性腎症、原発性糸球体腎炎、ネフローゼなど)
・急性腎不全(急性尿細管壊死、急速進行性糸球体腎炎、腎前性・腎後性腎不全など)
・保存期腎不全
・透析導入期腎不全
・電解質異常など

 
井上病院の腎臓病治療
 
慢性腎臓病の紹介件数

40年以上の長い間、腎臓病治療一筋を続けてきたことで、「腎臓病の井上病院」とイメージが定着し、毎年100名以上の慢性腎臓病の患者さん(透析患者さんを除く)を他の医療機関からご紹介いただいております。
吹田市だけでなく、広域の医療機関からの紹介や大学病院や公的病院からの紹介が多いのも当院の特徴です。

 
透析導入件数

平成27年 血液透析(導入46件) 腹膜透析(導入15件)
平成26年 血液透析(導入47件) 腹膜透析(導入10件)
平成25年 血液透析(導入71件) 腹膜透析(導入10件)


 
特色
 
糖尿病外来との一貫治療

当院の内科医師の多くは専門外来の医師でなくても腎臓病・糖尿病のどちらの治療にも関わっております。
多くの病院では糖尿病で腎臓が悪くなった場合でも、糖尿病の先生とは別に腎臓病の先生も受診しなければなりませんが、当院では同じ医師が一貫して糖尿病も腎臓病も治療を行なっています。

 
充実した栄養指導

当院では原疾患や残腎機能、生活にあわせた食事指導を行っています。とくに動脈硬化や腎性骨症の発症・進展に留意したリン摂取量のコントロールや食事のカリウム制限などきめ細やかな食事指導を行っています。
ご本人にあわせた指導を、各栄養士が個人と相談しながらプランを組み立てます。
また透析導入後も血液透析ベッドサイドへ栄養士がでむき、継続した指導を行っています。


 
腎臓病教室

当院では腎臓病に対する理解を深めていただくために毎月腎臓病教室を行っています。

集団の栄養指導や、日常生活の注意点についての説明、医師による説明を行い、説明終了後には各担当者へ質問もしていただけます。

気になることはあるものの、ご自身がどういった状況かわからず診察や病院変更までは気が引けるというかたは、まずこちらに参加されてはいかがでしょうか。

お申込みは事前に受け付けています。日時・講義内容など詳細は当院のホームページまたは受付へお問い合わせください。 →腎臓病教室へ


 
スムーズな透析導入 ~腎不全が進行し、透析が必要になった方へ~

当院では血液維持透析、腹膜透析、移植外来で腎移植のサポートを行っています。

外来維持透析人数は 740人、在宅血液透析人数 4人、外来腹膜透析人数 65人、腎移植後のフォロー外来 約400人、(2016年8月時点)とさまざまな腎代替療法を行っております。

透析医学会の集計を見てみると、30万人以上おられる透析患者さんの97%が血液透析で、腹膜透析は3%のみとなっています。当院では8%の患者さんが腹膜透析を行っておられ、日本でも指折りの腹膜透析実施病院です。
CAPDセンタースタッフともどもお待ちしていますので、お気軽にご相談ください。

当院では患者さんの生活スタイルに合わせた腎代替療法の選択をしていただけるよう、透析経験豊富な医師・看護・技術チームでサポートしています。

腹膜透析への対応だけでなく、血液透析も条件を満たせば夜間透析、在宅透析も選択していただけます。
内科外来ではそれぞれの透析療法説明を行い(どういった透析が選択できるのか、種類や内容、メリット・デメリット)、患者さんに今後行う透析(移植ご希望の場合は移植外来へ紹介)を選んでいただきます。

選んでいただいた透析療法ごとに外来検査や入院などプランを立てます。
緊急で透析導入が必要でない場合には、紹介医と連携しながら少しでも透析導入を先延ばしできるよう当院で保存期腎不全を管理させていただきます。


血液透析室                         CAPDセンター

 
腎生検

検尿異常や急性腎不全で適応のある患者さんは腎生検を行って診断、治療しています。