特定医療法人 蒼龍会 井上病院,大阪府吹田市江坂にある特定医療法人蒼龍会 井上病院は、腎臓病と透析治療の専門病院です。腎炎の治療から、透析治療、社会復帰、介護の問題など、一人ひとりの病状や生活に応じた「患者さま本位の医療」を目指しています。

pageimg
糖尿病内科
 

糖尿病内科

 
概要

井上病院は1975年の開院当初から糖尿病診療にも積極的に取り組んできました。

糖尿病とは、インスリンの作用が十分でないためブドウ糖が有効に使われずに、血糖値が高くなっている状態のことです。放置すると全身にさまざまな影響が出てきます。

平成26年調査によると、糖尿病患者数は950万人で、そのうち総継続的な治療を受けている患者数は316万6,000人です。
糖尿病による年間死亡数は13,669人で、失明原因の第2位が糖尿病による網膜症、血液透析となる原因の第1位が糖尿病性腎症、糖尿病患者の脳卒中の危険度は糖尿病でない人の3倍、心筋梗塞・狭心症の危険度は糖尿病でない人の3~4倍と言われています。

しかし糖尿病自体は自覚症状に乏しく、糖尿病と診断されていても放置されがちな疾患です。放置していると、腎不全・網膜症・神経症状などの合併症を引きおこします。

重篤な合併症を引き起こす糖尿病ですが、発症早期より血糖コントロールをしっかり続ければ、これらの合併症を防ぐことができます。血糖コントロールは診療やお薬による治療だけでなく、生活習慣の改善が重要です。

井上病院では専門医による糖尿病専門外来を行っています。健康診断などで糖尿病と言われた方や糖尿病予備群と言われた方は、是非当院を受診ください。

 
糖尿病の種類

糖尿病は、その原因により4つのタイプに分けられます。

① 1型糖尿病
インスリンを作る膵臓の細胞が何らかの原因でこわされることで、インスリンが作られなくなり、糖尿病になります。子どもや若年者に多くみられる糖尿病です。
② 2型糖尿病 インスリンの分泌が少なくなったり、インスリンの働きが悪くなるために生じる糖尿病です。中高年以降に多くみられ、糖尿病患者さんの約90%が2型糖尿病です。
過食、運動不足、肥満、ストレスなどの生活習慣に加齢などの要因が加わることで発症します。つまり「2型糖尿病は生活習慣病」です。

③ その他の特定の機序、疾患による糖尿病
インスリンを作る膵臓そのものの病気、肝臓病、ホルモンに関わる病気、薬剤などの副作用、遺伝病といった他の病気の原因によっておきる糖尿病です。
④ 妊娠糖尿病 妊娠中に初めて発見、または発症した糖尿病に至っていない糖代謝異常です。
 
糖尿病の診断

糖尿病の診断には次の4項目を測定します。

① HbA1c
(ヘモグロビンA1c)
過去1~2カ月の血糖を反映する指標です。
② 早朝空腹時血糖値 一般的には前日夜9時以降絶食として、翌朝食事前に採血します。
③ 75gOGTT
(75g経口ブドウ糖負荷試験)
早朝空腹時血糖値を測定後、75gのブドウ糖溶液を飲み、30分後、1時間後、2時間後の血糖値を測定します。糖尿病の診断には2時間後の血糖値を用います。
30分後、1時間後の血糖値は、糖尿病予備軍の診断に役立ちます。
④ 随時血糖値 食事時間とは関係なく測定する血糖値です。



血液検査の結果が以下の条件にあてはまる場合、糖尿病と診断されます。

早朝空腹時血糖値126mg/dL以上、75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)200mg/dL以上、随時血糖値200mg/dL以上の場合かHbA1c≧6.5%の場合に「糖尿病型」と診断されます。
再検査をしても同様の結果であれば、糖尿病と診断されます。

 
特色

当院には糖尿病を専門としている日本糖尿病学会専門医や研修指導医の資格を有している内科医師も多く、糖尿病診療スタッフが充実しているのが特徴です。糖尿病の合併症を予防するためには早期から血糖コントロールをすることが重要です。
医師、管理栄養士、糖尿病療養指導士らによって定期的にこれらの病気に対する患者さん向けの勉強会なども行っております。

 
糖尿病教室

当院の糖尿病専門外来では、糖尿病を正しく理解していただくために、井上病院では定期的に糖尿病教室を開催しています。ご予約いただければ、どなたでも受講していただけます。

日時、講義内容等の詳しい情報は井上病院ホームページまたは受付にお問い合わせください。 
糖尿病教室へ

 
糖尿病教育入院

糖尿病について理解を深めていただくために、食事のカロリー計算や、自己血糖測定、インスリン自己注射などを覚えていただき、合併症の有無や程度を詳しく検査する短期間の入院を行っています。

専門医による指導だけでなく、看護師による生活指導や管理栄養士による栄養指導、薬剤師による服薬指導、理学療法士や運動療法士による運動指導などを受けていただいております。

 
糖尿病透析予防指導

重症化リスクの高い医療機関未受診者等に対する受診勧奨・保健指導を行い治療につなげるとともに、通院患者さんのうち重症化リスクの高い方に対して主治医の判断で対象者を選定して保健指導を行い、人工透析等への移行を防止することを目的とした指導です。

通院中の糖尿病患者さんでヘモグロビンA1cが6.1%以上(JDS値)又は内服薬やインスリン製剤を使用している方、糖尿病性腎症第2期以上の患者さんで医師が糖尿病透析予防に関する指導の必要性があると認めた場合に行われます。

指導の内容は透析予防診療チームのスタッフ(専任の医師と看護師及び管理栄養士)が、患者さんの病期分類、食塩制限及びタンパク制限等の食事指導、運動指導、その他生活習慣に関する指導などを行います。

当院に通院している対象となる糖尿病患者さんに随時行っております。