医療法人 蒼龍会

pageimg
血管外科
 

血管外科


科では、一般外科的疾患に加えて慢性下肢動脈閉塞症(PAD)、下肢静脈瘤、深部静脈血栓症、リンパ浮腫などの診療を行なっています。
また、末梢神経障害や末梢血行障害を伴いやすい透析・糖尿病の患者さんは、足部の変形やキズを起こしやすい状態にあります。

そのような患者さんに対して積極的に「フットケア」を行い、少しでも足を切断せずに済むように配慮しています。


 

末梢動脈疾患


1) 慢性動脈閉塞症(閉塞性動脈硬化症) PAD
下肢や上肢の血管が細くなったりつまったりして起こります。症状としては、冷たく感じる、足や腕が疲れやすいがじっとしているとよくなるなどですが、重症化するとじっとしていても痛みが生じ、放置すると壊死となり切断するしかなくなります。

病気が確定すれば、お薬による治療を行い、場合によってはカテーテルで血管を拡げたり、手術で閉塞した部分をバイパスしたりしますが、適切な時期に適切な治療を組み合わせて行うことが大切です。

                
             → 慢性下肢動脈閉塞症(PAD)のページへ

2)急性動脈閉塞
急に足や腕の血管が閉塞し、突然の脱力感や痛みが起こります。閉塞部位によっては直ちに治療を開始しないと、下肢の切断だけでなく命に関わることもあります。

特に心房細動などの不整脈を指摘されておられる方は、注意が必要です。


 

静脈疾患


1)下肢静脈瘤 

足の血管がみみず腫れのようにふくれるものから蜘蛛の巣状になって目立つというものまでありますが、治療の対象となるのはやはりみみず腫れにはれたようなものです。

症状としては下肢が疲れやすく、色素沈着もおこります。治療の基本はとしては弾性ストッキングを装着していただきますが、あくまでも症状を軽減するだけで静脈瘤自体を治療するわけではありません。

当科では静脈瘤の状態に応じて、ストリッピング手術、静脈結紮療法(高位結紮術)、フォーム硬化療法をおすすめしています。多くの方は足がきれいになって短いスカートがはけるようになったと喜んでいただいています。

                                         → 下肢静脈瘤のページへ


2)深部静脈血栓症
深部静脈血栓症は筋肉の中を走っている深部静脈が血栓閉塞する病気です。

症状は足に急にむくみと痛みがおこり、場合によっては「エコノミー症候群」として有名になった肺塞栓症を起こすこともあります。

とにかくできるだけ早く診断して、血栓を溶かすお薬を使用しますが、診断時期及び症状によっては、手術的に血栓除去も行います。 

しかし慢性期に来院されると、むくみがとれにくいこともあります。そのような場合には弾性ストッキングを継続して装着していただくことになります。


 

フットケア

創傷ケア自体はもちろん重要なことですが、それにも増して重要なのは、足にきずをおこしやすい状態の方、特に糖尿病の方々に対して、きずを作らないようにしていただく「予防・教育」です。 当院では、必要な研修を受講した看護師による専門外来(フットケア外来)を行っております。

「創傷ケア」には治療に数カ月という治療期間を要する場合も多く、末梢血管の専門的な治療が非常に重要となります。また術後のリハビリテーションをはじめ各診療科と綿密な連携を取りながら治療を進めていく必要があります。

北摂地域には多くの総合病院がありますが、末梢血管の治療や創傷ケアを積極的に行っている施設はまだまだ少ないのが現状です。当院はこれからも北摂地区での創傷ケアの中心的な施設としての役割を担っていきたいと考えています。
                                → フットケア(創傷ケア)のページへ