特定医療法人 蒼龍会 井上病院,大阪府吹田市江坂にある特定医療法人蒼龍会 井上病院は、腎臓病と透析治療の専門病院です。腎炎の治療から、透析治療、社会復帰、介護の問題など、一人ひとりの病状や生活に応じた「患者さま本位の医療」を目指しています。

pageimg
泌尿器科
 

泌尿器科

泌尿器科
大北恭平 医師

 

泌尿器科ってどんなところ?

泌尿器科とは、「尿路」と呼ばれる尿が通る道に関係のある臓器(腎、尿管、膀胱、前立腺、尿道)、及び男性生殖器(陰茎、陰嚢)などを専門としている科です。

では、どのような時に泌尿器科を受診すればよいのでしょうか?

 ⇒ 
血尿(尿の色が赤い、または赤黒い)
 ⇒ 
頻尿(尿の回数が多い)
 ⇒ 
残尿感(排尿後にも関わらず尿が残っている感じがする)
 ⇒ 
排尿困難(尿が出にくい)
 ⇒ 
尿失禁(尿が漏れる)
 ⇒ 
排尿時痛(尿をする時痛い)
 ⇒ 
腰背部痛(背中や腰の辺りが痛い)
 ⇒ 
陰嚢痛(陰嚢が痛い)


 

血尿(尿の色が赤い、または赤黒い)

血尿には、目で見てわかる「肉眼的血尿」と、目で見てもわからない「顕微鏡的血尿」があります。
肉眼的血尿では、尿路のどこかに出血しているところがあるため肉眼的血尿になるわけですから、何らかの治療を要する病気(尿路感染症、尿路結石、尿路腫瘍など)がみつかる確率が高いので、すぐに泌尿器科を受診して下さい。顕微鏡的血尿は、健診や人間ドックで指摘される場合が多いです。顕微鏡的血尿の場合は、肉眼的血尿と違い、治療を要する病気がみつかる確率は低いですが、なかには深刻な病気が見つかる場合があります。この場合は通常、早期発見、早期治療となります。顕微鏡的血尿を指摘された際も、一度は泌尿器科を受診するようにして下さい。 

 

頻尿

頻尿とは尿の回数が多いことです。前立腺肥大症、神経因性膀胱、膀胱炎などいろいろな病気の可能性があります。


 

残尿感

「排尿したのに全部がでた気がしない、尿が残ったかんじがする」といった状態を「残尿感」といいます。残尿感を感じる時には、実際に残尿がある場合とない場合があります。いずれにせよ「残尿感」の原因を探る必要があります。男性で多いのが前立腺肥大症ですが、膀胱炎などが原因の場合もあります。、神経因性膀胱、膀胱炎などいろいろな病気の可能性があります。


 

排尿困難(尿が出にくい)

膀胱にたまった尿がうまく出せないため、排尿に時間がかかったり、尿の出し残しがあったり(残尿)、下腹部が張って辛い思いをします。男性の原因として多いのは前立腺肥大症などがあります。


 

尿失禁

尿失禁にもいろいろな場合があります。咳をした時や重たいものを持った時など、お腹に力がかかったときに尿が漏れる「腹圧性尿失禁」や、尿意を感じるとトイレに行くまでが間に合わない「切迫性尿失禁」などがあります。


 

排尿時痛(尿を出すときに痛い)

排尿時に痛みを感じる場合は、大半が、急性膀胱炎、急性尿道炎、急性前立腺炎などの急性炎症が原因です。時に膀胱結石などが原因の場合もあります。


 

腰背部痛(背中や腰が痛い)

原因としては、泌尿器科で考えられる病気の中では、尿管結石がまずは考えられます。
発熱などを伴った際には、腎盂腎炎なども考えられます。

 

陰嚢痛(陰嚢が痛い)

最も重要なのは精索捻転(ぞくに言う精巣捻転)です。他には、精巣上体炎などの可能性があります。
精索捻転は、精巣への血流が途絶える場合があり、症状発症からできる限り早くに捻転を解除してあげる必要があります。(発症より6間以内がゴールデンタイムといわれています。)
「はずかしい」と考えずに速やかに泌尿器科を受診して下さい。