医療法人 蒼龍会

pageimg
病院長のご挨拶
 

病院長ご挨拶

辻本吉広
井上病院 院長


蒼龍会井上病院は昭和50年の開院以来、腎・透析医療と地域医療とに取り組んでまいりました。腎・透析医療におきましては質の高い専門医療の実施、様々な透析合併症への対応を行ってまいりました。近年は透析患者さんの高齢化や糖尿病の増加にともない体力の落ちた患者さんが増えております。

これまで透析患者さんでは心血管疾患の合併が注目されていましたが、体力のおちた患者さんでは感染症の発生の多さも見過ごせません。我々はこれまでの通常の透析治療の提供だけではなく、感染症対策の徹底や栄養・運動療法での積極的な介入を行い、透析患者さんであっても元気に生活していただけるように取り組んでいく所存です。

また、地域の皆様の医療にもさらに貢献していきたいと考えております。腎・透析医療だけではなく幅広い疾患・病状に対応できる院内の体制づくりを行っております。体調をくずされた時や病気でお困りの時に気軽にいつでも利用して頂けるような、地域住民の方にとって身近な病院を目指しています。

北摂地域には大学病院や市民病院などの機関病院も多く、また地域医療を担っておられる開業されている先生方もたくさんおられます。井上病院はそれらの先生方の橋渡し的な存在として地域の患者様の治療のお役に立ちたいと考えております。