医療法人 蒼龍会

pageimg
治験(臨床試験)について

当院では厚労省の基準と井上病院の方針に則り、外部委員を含めた中立的な立場の治験審査委員会の承認が得られた医薬品に対して、一定の条件を満たして、ご承諾をいただいた患者さんに対して治験(臨床試験)を行っています。

 

治験(臨床試験)とは

 新しい薬が開発され、厚生労働省の承認を受けて世に出るまでには、いくつもの段階の実験や試験をクリアし、科学的な効果や安全性が立証されなければなりません。動物実験から段階的に試験を重ね、最終的には患者さんに一定の条件のもとで使用していただき、治療に役立つかどうか試験を行い、有用であると判断されると薬として承認されます。

この、患者さまに対して実施する試験を「治験(臨床試験)」といいます。

治験は、薬が医薬品として承認を得るために必要不可欠な試験です。現在、医薬品として使用されている薬も、このような開発の段階を経て承認されたものです。即ち、治験に参加される方々の協力によって新しい薬が誕生しています。

 

病院の方針

治験を実施するうえで、当院では以下のことを遵守しています。
 1. 治験に関して充分な説明を行います。
 2. 人権の保護(自由意思の尊重、不当な不利益を受けないこと等)を致します。
 3. 安全の保証(健康障害発生時の緊急対応と補償や安全情報の提供等)に努めます。
 4. プライバシーを守ります。

 

患者さんに守っていただくこと

治験は慎重で十分な管理のもとで行われなければなりません。
治験中は通常の診察に比べて通院や検査の回数が増えることがあります。

 1. 必ず服用方法、服用期間、回数を正確に守ってください。
 2. 服用しなかったお薬は必ず返却してください。
 3. 他の病院を受診されるときや市販薬を服用する場合も必ず治験担当医師にご相談ください。
 4. 他の病院を受診されたときも、その医師にも治験への参加を伝えてください。
 5. 体調に変化やいつもと違う症状が見られたときはすぐに治験担当医師に連絡してください。

 

治験審査委員会

治験は、参加される方々の安全や人権を保護するために、国が定めた厳しい基準に従って実施されます。
この治験の実施が、「倫理的、科学的、医学的」に妥当であるかなど、参加される患者さまの安全性を保つために、外部委員を含む治験審査委員会が、中立的な立場で審査します。

 

治験審査委員会に関する情報