医療法人 蒼龍会

pageimg
沿革について
 

井上病院の沿革

1975(S50) 井上病院開設(入院32床、透析38床)(8月1日)
更生医療指定医療機関
1977(S52) 法人設立「医療法人蒼龍会」(10月)
1980(S55) 井上内科(現在の外来透析棟旧棟)開設(8月)
透析増床(62床)
医療相談室・病歴室開設
1981(S56) 入院増床(48床)、透析増床(68床)
1983(S58) 入院増床(56床)、透析増床(93床)
季刊誌「樫の実」発刊
QCサークル活動開始
1984(S59) 専門外来「糖尿病眼科」開始
リハビリテーション開始
透析増床(106床)
1985(S60) CAPD施設承認
TQC導入、推進室発足
1986(S61) 剖検室設置
糖尿病教室スタート
1987(S62) CT導入
1988(S63) 骨塩量測定装置導入
1989(H1) 新病院(現在の本院)完成・移転(3月)
病院見学会「ヘルスピア89」開催
外科、整形外科、理学診療科、泌尿器科を標榜
入院増床(127床)透析増床(132床)
1990(H2) 基準看護取得・特Ⅰ類 承認
日本整形外科学会認定医研修施設 承認認定
同好会助成制度開始
透析増床(145床)
1991(H3) 労災指定医療機関 認定
基準看護特Ⅲ類 承認
日本透析療法学会認定施設 認定
透析増床(171床)
1992(H4) 骨塩量測定装置導入
「私たちの信条」制定
専門外来「肝臓内科」開始
透析増床(181床)
1993(H5) マンモグラフィ導入
日本泌尿器科学会専門医教育施設 認定
専門外来「婦人科」開始
透析増床(193床
1994(H6) 日本腎臓学会研修施設 認定
基準看護特Ⅲ類 承認
倫理委員会発足
1995(H7) 日本大腸肛門病学会専門医修練施設 認定
1996(H8) 胃腸科、麻酔科を標榜
透析増床(206床)
日本総合健診医学会認定優良総合健診施設(井上病院附属診療所)に認定
1997(H9) 田畑勉病院長就任(12月)
全館禁煙実施
「お客さまへの約束」制定
1998(H10) 日本消化器病学会施設 認定
日本消化器集団検診学会施設 認定
日本禁煙医師歯科医師連盟 禁煙モデル医療機関 認定
日本医療機能評価機構認定病院(一般病院種別B) 認定
1999(H11) 通院透析患者送迎サービス開始
2000(H12) 日本糖尿病学会認定教育施設に認定
2001(H13) 地域連携室開設 
書籍貸し出しサービス「ほんやさん」開始
2002(H14) 入院食選択メニュー開始
2003(H15) 血管造影室開設
ISO14001 認証
院内完全禁煙
2004(H16) DPCセンター開設
臨床研修病院指定
2005(H17) 転倒予防教室開始
NSTチーム発足
2007(H19) 日本がん治療認定医機構認定研修施設 認定
2008(H20) 院内グループウェアシステム稼働
2009(H21) MRI導入
看護職員職場復帰支援講座開始
2012(H24) 電子カルテ導入
敷地内完全禁煙
2013(H25) 心臓血管外科、リウマチ科を標榜
非通年制二次救急指定病院 認定
在宅血液透析開始
2014(H26) 新透析棟完成(透析200床)
腎臓内科、糖尿病内科、透析内科、循環器内科を標榜
厚生労働省感染対策サーベイランス参加
日本内分泌外科学会・日本甲状腺外科学会 内分泌・甲状腺外科専門医制度認定施設に認定
透析増床(245床)
2015(H27) 筒泉理事長就任(4月)
辻本吉広病院長就任(4月)
消化器内科を標榜
看護学生インターンシップ導入
日本外科学会外科専門医制度関連施設 認定
日本脈管学会認定研修関連施設 認定
2016(H28) 西澤良記名誉院長就任(4月)
麻酔科を標榜