医療法人 蒼龍会

pageimg
人間ドック

生活習慣病(高血圧症、糖尿病、肝臓病、心臓病など)は自覚症状がないことが多く、気付かない間に進行してしまいます。

また、近年増加しているがんは、早期発見、早期治療が大切です。
当健診センターでは、ご自身とご家族の為の人間ドックをご用意しました。

ご希望に合わせて、追加オプション検査もご用意しております。

お気軽にご相談ください。


《実施日》


     受診の流れ

 

各年代でなりやすい病気


人は、年齢と共に体質が変わり、様々な病気にかかるリスクを持っています。
人間ドックは、自分の年齢でリスクの高い病気を見つける検査を組み合わせて、定期的に行うことが重要です。

30代 40代
30代では生活習慣病のチェックに加えて、がんの早期発見を心がけえる必要があります。
特に注意したいのは胃・肺・大腸です。
また、肝臓検査も受けたいものです。ウイルス性肝炎に罹ると肝臓細胞が壊れていき、肝硬変や肝臓がんに至ることもあります。肝炎ウイルス検査は、血液だけで判断ができます。
ピロリ菌(胃潰瘍・胃がん等の原因となる)検査は、一度はしておきましょう。
女性は、若年でもリスクの高い乳がん・子宮頸がん検査を受けましょう。
乳腺の多い若年世代は乳腺エコーがオススメです。

40代になると定期的な検査が必要になってきます。高血圧、脂質異常症、糖尿病といった生活習慣病が増加します。そして、がんの死亡率は年齢とともに増加していきます。複数の臓器を全体的にクリーニングしましょう。大腸がん検査も3年に1度は受けましょう。
女性は、リスクの高い乳がん・子宮頸がん検査は毎年受けましょう。
乳がんの検査は、マンモグラフィと乳腺エコーを受けましょう。
50代 60代以降
50代になってくるとがんや心臓病、脳血管疾患等のリスクが高まってきます。脳疾患検査として、MRI・CT検査などの精密な検査をオプションとして受けるのもオススメです。
男性は、50代から毎年PSA(前立腺がんの腫瘍マーカー検査)検査を受けましょう。また、加齢黄斑変性のチェックのため、眼底検査を受けましょう。加齢黄斑変性は、目の生活習慣病とも呼ばれています。
女性は、乳がん・子宮頸がん検査は毎年受けましょう。閉経により女性ホルモンが低下することによって、骨粗鬆症が起こりやすくなります。骨量検査がオススメです。
60代以降は、50代までに気をつけるべきことの全てに気をつける必要があります。1年に1度は精密検査を受けるようにしましょう。
男性は、50代から毎年PSA(前立腺がんの腫瘍マーカー検査)検査を受けましょう。
女性は、乳がん・子宮頸がん検査は毎年受けましょう。乳腺は、マンモグラフィを毎年受けましょう。



 

当院の人間ドック


まずは、総合的な検査で身体のトータルチェックを行って、現在の状態や傾向を把握しましょう。


エクセレントドック 標準人間ドック/人間ドックA
生活習慣病はもちろん、増加するがんの早期発見に焦点を当てた『総合がん検診』です。
 ☆40歳を過ぎて一度もがん検診を受けたことのない方
 ☆喫煙歴や家族歴などからがんを心配されている方
などにお勧めです。

糖尿病、高血圧症、心臓病・・・といった生活習慣病を中心に、健康状態を総合的に評価します。
 ☆30歳代後半から40歳代にお勧めです。

         詳細を見る             詳細を見る
オプション検査
         詳しく見る